ボーイスカウトとは

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

ボーイスカウトとは、約100年前にイギリスで始まった活動で、世界の国々にボーイスカウト連盟があります。(下記「ボーイスカウトの始まり」を参照)
ボーイスカウトの目的は、自立心のある健全な青少年を育てることです。
「偏差値教育」、「ゆとり教育」のあり方が問われる昨今、子供たちの純粋な「好奇心」や「探求心」に応える活動を行っています。
野外活動(キャンプなど)、奉仕活動(募金など)を始め、様々なプログラムを通して、

・フェアプレー、
・正義
・忍耐
・誠実
・友愛
・協調
・責任などを学び、自立心や想像力を養います。

そして、さまざまな活動を通して、心身ともにバランスの取れた人格形成をめざしています。
いまや、ボーイスカウト活動は、さまざまな分野から注目されています。

※財団法人日本ボーイスカウト日本連盟は文部科学省認可団体です。

ボーイスカウトの始まり

ボーイスカウトは、1907年、英国で行われた小さなキャンプから始まりました。それは都会育ちの少年たちに夢と冒険を与えるすばらしいキャンプでした。

翌年の1908年、創始者ベーデン-パウエル卿により、本格的なボーイスカウト運動がスタートしました。ベーデン-パウエル卿は、英国の将来を担う立派な少年たちを育てようというビジョンのもとに、「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちに自然観察やグループでの遊びの楽しさ、素晴らしさを教えました。

これに魅せられた当時の少年たちは、野山を駆け回り、いろいろなことを学んでいきました。以来、ボーイスカウト運動は世界中に広がりました。創立後まもなく日本にも伝わり、現在も変わることなく受け継がれているのです。

bp.gif




自然の中で大きく育つ、自立と、友情と、奉仕のこころ

友達と遊び、技能を学ぶ楽しい一日

ボーイスカウトたちの活動の基本は、休日を利用しての集会です。公園などに集まり、みんなでゲームをしたり技能を学んだり、楽しさいっぱいの一日が過ごせます。

キャンプやパーティなどイベントがいっぱい。

一年を通して楽しいイベントに参加できます。キャンプに始まり、海外派遣、ホームステイなど、すばらしい体験と感動にあふれています。

奉仕活動で、人の役に立つことの大切さを学ぶ。

自分の利益のためでなく、人の役に立つことを進んで行うことの大切さを学ぶ奉仕活動。奉仕の心が忘れられている現代の日本では、とても貴重な体験です。

経験豊かな指導者が、見守っています。

ボーイスカウトたちが安全に楽しく活動できるように、専門課程を修めた経験豊富な指導者たちが指導します。彼らは少年たちの心をうまくとらえリードする、いわば先輩です。

世界のスカウトが集う日本/世界ジャンボリー。

4年に1回、世界の国々のスカウトたちが集まる世界ジャンボリー、国内・海外の代表が集まる日本ジャンボリー。ジャンボリーは国際交流の輪を広げ、国際性を養う絶好の機会です。