ボーイスカウト

  • 印刷プレビュー
  • 印刷

ボーイスカウト隊とは

 ボーイ隊の活動は、小学校5年生(2学期以降)~中学校3年生(1学期まで)の少年少女を対象としています。この年代の子どもたちは、

1.豊かすぎる社会やマスコミの発達に伴う情報の氾濫による価値観の変化

2.純潔主義から金権・物質中心主義への考え方の変化

3.無気力・無関心で飽きっぽい反面、衝動的である

4.第2次性徴を迎え、思春期・反抗期に突入

 以上4つの特性をもっています。ボーイ隊では、こういった子どもたちに次のようなことを身につけてもらうべく活動を展開することをねらいとしています。
神仏を敬い、自分のつとめを行なう。

●ボーイスカウト部門の活動の目標(日本連盟規程集より抜粋)
 ○ 神をうやまい、自分のつとめを行う。
 ○ 野外活動により大自然を知る。
 ○ 自分の役割と責務を果たすことを学ぶ。
 ○ 人生に有用な知識と技能を習得する。
 ○ 自ら考え、判断し、決断する力を養う。
 ○ 自分の特性と長所に目覚め、創造力を伸ばす。
 ○ 健康の増進につとめ、身体を強健にする。
 ○ 好奇心と冒険心を満足する活動を行う。
 ○ リーダーシップを身につける。
 ○ 他の人々に役立つ奉仕活動を行う。
 ○ フェアプレーの精神と正義感を養う。
 ○ 愛と感謝する心を養う。
 ○ 国際社会の一員として、国際理解について学び体験する。


●班制度

 ボーイスカウト運動の目的は、少年を、次代を担う立派な社会人に育てることにあります。
信頼される社会人としての資質は、責任感・指導性・協調性・自信をもつことで、この資質は、少年を信頼して一人ひとりに責任を負わせ、班運営を任せ、班意識を高揚する班活動をすることによって、培われるのです。
 班制度は成人指導者の導きにより少年たちに役立つ変化のある活動を与え、同じ「ちかい」と「おきて」をもつ他の班と競い合うこと(対班競点)によってスカウト活動を進めていくのです。

●進歩制度

 進歩制度は、スカウト教育の方法として、班制度と共に5大制度(班制度・進歩制度・「ちかい」「おきて」・野外活動・一貫性のあるプログラム)のひとつです。
 班制度によって、集団の中にある少年はチームワークを通して、「信頼」される社会人に成長しますし、進歩制度ではあらかじめ設定してある課目をスカウトが自発的に成し遂げ、立派な社会人になるための「資質」を伸ばして人間的成長が図られます。いずれもスカウト教育には欠かせない制度です。
 進歩制度には次のような「ねらい」があります。
意欲的な自発活動により、目標に向かう計画性と最後まで成し遂げる実行力を身につける。

楽しみながら進歩課程を進ませ、技能ばかりでなく、身体的・知的進歩を図る。

「ちかい」と「おきて」を日常生活の中で実行する努力をすることによって、人格の発達を促し、精神的進歩を図る。

自分の人生に自信と勇気を与え、健康と技能を社会に役立たせる。

 以上はどれを取り上げてみても、スカウトの「自発活動」が基本であり、自分の目標を次第に高めて達成しようとする努力がいちばん大切です。
 ボーイスカウト部門の進歩課程は、必修課目である「進級課目」と、選択課目である「特修章課目」と「技能章課目」に分かれます。ボーイスカウト部門の各進級段階でスカウトたちがどのような成長を目指すかを示すため、各級の目標が次の通り設定されています。
ボーイスカウト
 「ちかい」をたてて入隊し、ボーイスカウトとしての基礎を修得し、活動になじんでいくスカウト。

初級スカウト
 班の一員としてスカウト活動にも慣れ、徐々に技能を身につけ、自分のことが自分でできる。

2級スカウト
 班の中堅として、他のスカウトの面倒がみられる。また、隊や班のハイキングが楽しくできる。

1級スカウト
 一人前のスカウトとして、キャンピングができ、班長・次長として指導ができる。身につけたスカウト技能によって自信をもち、スカウト活動の楽しさを味わえる。

菊スカウト
 1級スカウトとしての経験を積んだ後、さらに野外の技能を磨き、上級班長・隊付として指導的立場で活躍する。


●「ちかい」と「おきて」

スカウトのちかい

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。
一. 神(仏)と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
一. いつも、他の人々をたすけます。
一. からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。


スカウトのおきて

1. スカウトは誠実である。

スカウトは、信頼される人になります。
真心をこめて、自分のつとめを果たし、名誉を保つ努力をします。

2. スカウトは友情に厚い

スカウトは、きょうだいとして仲よく助け合います。
すべての人を友とし、相手の立場や、考え方を尊重し、思いやりのある人になります。

3. スカウトは礼儀正しい

スカウトは、規律正しい生活をし、目上の人を敬います。
言葉づかいや服装に気をつけ、行いを正しくします。

4. スカウトは親切である

スカウトは、すべての人の力になります。
幼いもの、年寄り、体の不自由な人をいたわり、動植物にもやさしくします。

5. スカウトは快活である

スカウトは、明るく、朗らかに、いつも笑顔でいます。
不平不満を言わず、元気よく、進んでものごとを行います。

6. スカウトは質素である

スカウトは、物や時間を大切にします。
むだをはぶき、ぜいたくをせず、役立つものは活用します。

7. スカウトは勇敢である

スカウトは、勇気をもって、正しく行動します。
どんな困難なことがあってもくじけずに、新しい道をきり開きます。

8. スカウトは感謝の心をもつ

スカウトは、信仰をあつくし、自然と社会の恵みに感謝します。
お礼の心で、自然をいつくしみ、社会に奉仕します。
スカウトのモットー


そなえよつねに

スローガン

日々の善行